読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペダステスタートライン2/26夜の自由時間たち

Twitterに、f:id:megamix000:20170227065111j:plain
を投稿したら、舞台未観劇の友人から『鯨井さんになにがあったの?!』と聞かれたので取り合えずそこのレポしたいと思います。

そのいち。自由時間。

バス扮するスロープに総北一同乗っているが、報道陣の群を見つけた一行
余談ですが古賀さんだけバスにずっと揺れてる演技しててかわいかった。

手『まあ、俺らは昨年優勝しちまったからな。でも、浮き出しだつなよ』
小『あわわわわわわ』
手『どうした小野田?!』
小『やっぱり僕、髪73分けにした方がいいかなあ』
鳴『いま髪型関係ないやろ!ワイの関西弁、大丈夫やろか』
手『いやおま…』
今『お前関西人だろ!』
手『うん、そうだな、そうだな』
今『あ"ーーあーーーあーーー。声ダミ声になってないかな』
手『おま…』
古『今それ関係ないだろ!ゴオオオオオオ、ゴオオオオオオ…肩から轟音が鳴り止まない』
手『いまそれいいから!!!そういう設定だから!座って!』
杉『えー、好きなタイプは、価値観の共有出来る人です!』
青『今関係ないだろ!』
手『そうだ青八木!』
青『好きな温泉は電気風呂です。(エアスマホを口元に近づけて)Siri 電気風呂 検索。ぴぴっこちらが見つかりました。びりびりびりびり』
手『自由時間か!長いわ!』
段『ガルアアアア!!!』
手『?!』
段『ガルアアアア!!…と、これが私の最大限に叫んだときの叫び声になります』
鏑『ほるるるるああああ!』
手『…』
鏑『ほるるるるああああ!(ポーズを付けだす)』
手『…』
鏑『ほるるるる………あぁ!(UFO的なノリで)』
手『(後ろから蹴りを入れる)』
手『(無言で近づく)』
手『自由時間じゃねえんだよ(低』
手『お前らも!!自由時間じゃねえんだよ!(毎回青八木に向かって言ってるように見える)』
(クラクションと共に寒咲さんが出てくる)
手『寒咲さん?!』
寒『寒咲、通司だ』
手『ええ』
寒『今、お前らのバスと、並走中だ(このくだり2回目)』
手『先輩とか色々ありますけどどーーーーん!!!!(ラリアット)』
一同『?!』
手『ああああああ!!!!おまえらあああ!!!自由時間じゃねえんだよ!!!!先輩後輩とかおかしくなっちゃうだろおおお!!!ちゃんとして!!』
小『はわわ、僕、髪73分けにした方がいいかな』
手『はい小野田しつこいー』
f:id:megamix000:20170227065111j:plain
鳴『ワイの関西弁大丈夫やろか』
手『お前もしつこいー』
f:id:megamix000:20170227065111j:plain
手『……』
f:id:megamix000:20170227065111j:plain
青『純太、』
手『何だ?』
青『満足か?』
手『俺が好きでやってるんじゃねえよ!!!!!』

そのに。鳴子。
報道陣は、総北には目もくれず、ハコガクに付いていった、という後。
鳴『もっとこう、がーーっと来んかい!!もっとこう、がーーっと来んかい!!』
っていいながら画面ハケる手前まで行ったり今回は一回ハケて顔出したりしたんですが、
鳴『インターハイスタートするときに、5、4、3、2、1ってカウントダウンするんですけど今から練習やります』
手『ちょっとまて!何処に喋ってるんだ!』
鳴『インターハイ見に来た人です。はいやりますよー』
今『おい、先輩だぞ!(突然来る)』
手『もう今そういうのいいから!!まあ、やりたいんだったら、やったらいいんじゃないか?』
練習する
鳴『はい!じゃあ(本芝居に)もどりますー!(あっけらかん)』
手『(自由すぎて崩れ落ちる)』
鳴『え?もどってええですか?』
手『もどれよ!!!』

という感じの自由時間でした。
カウントダウン、音に合わせるから練習できないし、確かに突然な感じだったから練習良かったです。ただ、手嶋(というか、鯨井さん)おつかれさま会でした。